未分類

公務員こそ名刺が必要

2017.01.13
/ / /
Comments Closed

花柳界で舞妓さんの間で花名刺を作成する事が流行しています。
1つでも指名をもらう、ビジネスチャンスをつかむために、名刺が使われているのですが、これは従来通りの使い方です。
学生および大学院生が名刺を持ちたがるのは、就活に活用したいという意図が強く表れているためです。
これも気持としてわかるのですが、若干おふざけと受け取られがちな面も否定できませんから、逆に名刺が不利に働いてしまう場面が多くなりオススメできません。
それを承知の上でインパクトを狙っての名刺作成というなら、確かにそうしたケースもあり得ると考える事も可能です。

名刺同様に公務員も基本的に名刺は不要と感じるのですが、実際には公務員の間でも名刺作成のニーズが増えているのです。
窓口での応対が主流な部署でしたら基本的に不要ですが、地域によっては住民との交流や民間委託事業、および福祉事業での公共サービスの充実方針にあげていますから、公務員であっても名刺を持つ事を余儀なくされています

公務員の人件費が公費でまかなわれているだけに、住民からは常に厳しいまなざしを向けられるシーンが多いですから、名刺デザインはよく言えば品が良い、悪く言えば質素といった制約つきのものがほとんどです。
ある意味没個性かつ、必要最低限の機能を持つ名刺が多いです。いずれにせよ、開かれた県政、発信していく役所としての公務員は、我々が思っている以上に名刺を使う場面が多いという事です。

 

名刺は重要書類と同じ

名刺と言うものは日本独自のものだと聞いたことがあります。小さい紙に自分の名前などを書いて人に渡す、とても効率がよく良い考えだと思います。外回りの仕事をしていると何かにつけて名刺の交換をすることがあります。自分が持っていなくても渡されたり、挨拶と同時に渡す人がとても多いです。このようにとても手軽に相手に渡すものですが、記入されている内容はとても大事なことが満載です。名刺さえあればその相手を名乗って悪いことも出来てしまうくらいの能力を秘めてます。

また、仕事を辞めるときも交換して集まった名刺は会社に渡すか、処分するのがルールです。扱いはとても慎重に行わないといけないものなのです。それを手軽に会ったばかりの人に次々に渡すものですから、渡すことに慣れてしまった人は、きっと重要書類のような意識は薄れてしまっているのではないかと思われます。

慣れるということは怖いことです。今からでも名刺の重要性を再認識して必要以上に配らないなど意識して相手に渡すようにしてみてはどうでしょうか。

 

名刺の必要性と活用方法

社会人になって、初めて自分の名刺を所持する人も多いのではないでしょうか。名刺は自分の身分証明する為の一つの手段である場合があります。また、企業などに属した時に、名刺を作成して所持する場合は、企業の看板を背負っていると同じぐらいの価値があります。その名刺を見れば、何処の誰なのか一目瞭然です。

したがって、良い印象や、素晴らしい仕事が成功した等、良いイメージの出来事が起こる場合は非常い良いです。しかし、悪い印象が強く出てしまった場合などは、静かに退散する場合もあるので、名刺の配り方には注意が必要です。むやみやたらに名刺を配って、良いこともありますが、悪用される場合もないわけではないので、気を付けましょう。

名刺を所持した時は、社会人として一人前になったような気がして、非常に嬉しいものです。友達や親に配ってみたくなることもあります。名刺はそれを使用するだけで企業でのポジションも分かるようになっている場合もあります。

ビジネスで名刺は常識

2017.01.07
/ / /
Comments Closed

名刺交換の写真ビジネスマンは名刺を持って当たり前、少なくとも日本国内では常識です。
ただしここまで名刺が庶民の隅々まで浸透しているのは日本だけのようで、海外からの来客からはむしろ不思議がられる場面が多いです。
接待の席では必ず名刺交換がされますし、異業種交流会に参加すれば“ご職業はなんですか”という決まり文句のような質問を浴びせられます。

名刺がきっかけでその場が盛り上がる事もしばしばです。
主婦や学生が名刺を持つ場合は特にこの点が強調されている事が多いです。
では出会いがほとんどないネットビジネスなら不要でしょうと思うのですが、意外と名刺を使う場面が多いものです。
SNSのようにある程度個人情報を一部でも公開していると、距離感が縮まりますから親近感を持ってもらえるのは当然ですが、ビジネスとなるとなおのこと信用度や信頼感が重要になります。
ネットの世界は虚偽が多い世界でもありますから、仕事に対しての専門性および責任感を視てもらう意味でも名刺は大変重要な役割を持つのです。

ネットビジネスであっても完璧に出会いがないわけではありません。
より強烈に自社や自身をアピールする意味で、マナーに反しない程度でオリジナリティを持たせる事も重要なのです。
身分を公開する事で、自分自身へ善い意味でのプレッシャーをかける効果も期待できます。

 

ビジネスシーンなどに使われる名刺

ビジネスの場で初めて会う相手と挨拶をかわす時には名刺を交換します。また、美容室や、飲食店など、担当の店員がつくような店でも、店員さんからいただくことが多いです。自分の名前や会社名を認識してもらったり、連絡先交換の意味もあります。ビジネスの場合、取引などで連絡をとることも多いので、役職や携帯電話、メールアドレスは必ず記載します。

一方、お店で働く人が客へ渡す名刺は、お店の地図や、ブログやホームページの情報なども載せてあります。ブログにアクセスしてもらったり、店のホームページを見てもらうことにより、親近感をもってもらいやすく、固定客へとつなげる狙いなどがあります。客としても、担当の人がわかりやすく、予約などにも使え、とっておくと便利です。専用のソフトやホームページのテンプレートを使えば誰でも簡単に作ることができます。

キャラクターものや、変わり種のものまで、さまざまな種類が作ることができます。他のものとは一味違うデザインのものであれば、見ただけで、自分の事を思い出してもらえたりするメリットがあります。ただし、ビジネスの場では、あまりやりすぎだと失礼にあたるので、場に合わせて数種類用意しておくのも良いでしょう。

 

ビジネスでの名刺の重要性

日本のビジネス社会では名刺は必要な物で、ビジネスマンで名刺を持っていない人を探すのは難しい位、重要な扱いとなっています。なぜ、名刺はビジネスの世界では必須のアイテムになっているのでしょうか。それは、ビジネスの現場で新しく人と合う場合に自分の身分を保証する役割を持っているからです。

例えば、あなたが新規に取引をしたいと訪問して来た営業マンに会う時に相手が名刺を出さずに自己紹介した場合、あたはその営業マンが本物かどうか信じますか。たぶん信じないでしょう。この様に、自分が所属する会社や役職を相手に信じて貰うために必要なアイテムなのです。

次に、名刺の有効な使い方についてお話しします。新しく会った人に自分の身分を保証する為だけの目的で名刺を渡したら、名刺はその後、ただの紙くずとなってしまいます。せっかく作った名刺なのですからビジネスチャンスを掴むののにも利用しましょう。初めて会った相手にインパクトを与えれば相手の印象に残り、何かをきっかけに相手が思い出してくれて連絡が入りビジネスチャンスが生まれる可能性が出来ます。名刺交換の時には相手にインパクトを与える、相手と共通な事項について話をしてみて下さい。

名刺とはすなわち印籠

2017.01.02
/ / /
Comments Closed

主婦ここ数年で名刺の需要がのきなみ増えています。商売をしている人や会社員が名刺を持つ事は、少しでも売り上げやビジネスチャンスを拡大したいと思えば、常識とも言えます。花柳界でも芸者らが花名刺と言われる、可憐な図柄の名刺を持つ事は当たり前の風景となっています。しかし主婦が自身のブログをアピールしたり、名前を覚えてもらうために作成したりといった事に始まり、学生らが学生名刺を作成してお互いに交換しあったりするなど、従来のような使い方と少々違う形で使われています。

主婦や学生らにとって、名刺が本当に必要なのかどうかは賛否両論あってどちらとも言えないのですが、ビジネスマンが名刺を持つ場合は使わざるをえない場面にたびたび遭遇するゆえの、わゆる必要性に迫られての事情があるからです。その1つは印籠のような意味合いです。異業種交流会などに参加すれば必ずされる質問があります。“ご職業はなんですか?”という質問です。口頭で返事すればいいのでしょうが、名刺をわたした方がしっかり印象つける事ができるのに加えて、仕事への意欲まで推し量られてしまうのです。

名刺があるという事はすなわり専門家であり、信頼に値する仕事ができると相手に印象づけるものでもあります。また名刺を作って自分の身分を紹介する事で、責任感も生まれます。ビジネスマンにとって名刺はまさに印籠なのです。さらに公務員の間でも名刺を持つ機会が増えました。今回は名刺が必要になる場面についてのお話です。

 

自分を売るためには必須アイテムの名刺

私はフードコーディネーターを目指し、学校に通っていました。その学校には私と同じような気持ちで来ている生徒さんばかりですが、得意分野がそれぞれ違っていて、とても刺激になる良い環境でした。私は料理が趣味で作るのが好きといった程度の何も知識や技術を持っていない生徒でしたが、中にはグラフィックデザインのプロやカメラマン、料理教室のアシスタント、パン教室を開ける資格を持った人など、様々です。自分よりすごい人が多すぎて、自分はこの中では戦えないとあきらめてさえいました。ですが、この仕事は自分を上手に売り込むのみと言うのです。

そのためにもまずは自分に自信を持つこと、そして自分を忘れさせないため、または思い出してもらうためにも足跡を必ず残すように言われました。それが企画書なのか、料理レシピなのか、または自分の名前の書かれた名刺なのか。親しくなったグラフィックデザイナーの友人が、私を見かねて名刺を作成してくれました。そこには自分の名前とフード-コーディネーターという職業が書かれていました。この一枚の紙切れが、とんでもないきっかけを作ってくれるかもしれないよと言われ、なんだかやる気になってきました。

この紙からの出会いを期待して、これから新たな道に挑戦しようと思います。

 

私用とビジネスでの名刺活用

ここ10年の間に今まで以上に世界が近くなった気がします。それはパソコンとインターネットの普及によっていつどこにいてもインターネットを利用する事によって地球の裏側でも欲しい情報が即時得られる事やビジネスの契約など相手が目の前にいなくても書面を交わす事が出来るとか一昔前は不可能だった事が今じゃ当然当たり前のようになってしまった事が世界を近くに感じるようになった気がするからです。

特にビジネス面での情報のやり取りは大きいと思います。しかしそういうインターネットが普及した今でもビジネスの基本は変わらないと考えます。相手がいて自分がいる、それが全ての始まりであり、終わりもお互いの挨拶で終えるからです。

そしてその始まりの基本は二つあります。挨拶と名刺の交換が基本になります。日本では名刺の力は小さくなく交換する事によって相手の事を知り、どんな会社でどんな地位にあり、どのような人間なのかが理解出来るきっかけになるからです。また今ではパソコンの普及によって自分だけのアピールポイントやデザインを描いたカードを添える事で相手により大きな印象を与える事が出来るので大変有効なものになります。みなさんもプライベートとビジネス両面で使えるカードを作っておく事が次の一手に繋がる事になりますので興味がある方は色々試してみましょう。