公務員こそ名刺が必要

公務員こそ名刺が必要

2017.01.13
/ / /
Comments Closed

花柳界で舞妓さんの間で花名刺を作成する事が流行しています。
1つでも指名をもらう、ビジネスチャンスをつかむために、名刺が使われているのですが、これは従来通りの使い方です。
学生および大学院生が名刺を持ちたがるのは、就活に活用したいという意図が強く表れているためです。
これも気持としてわかるのですが、若干おふざけと受け取られがちな面も否定できませんから、逆に名刺が不利に働いてしまう場面が多くなりオススメできません。
それを承知の上でインパクトを狙っての名刺作成というなら、確かにそうしたケースもあり得ると考える事も可能です。

名刺同様に公務員も基本的に名刺は不要と感じるのですが、実際には公務員の間でも名刺作成のニーズが増えているのです。
窓口での応対が主流な部署でしたら基本的に不要ですが、地域によっては住民との交流や民間委託事業、および福祉事業での公共サービスの充実方針にあげていますから、公務員であっても名刺を持つ事を余儀なくされています

公務員の人件費が公費でまかなわれているだけに、住民からは常に厳しいまなざしを向けられるシーンが多いですから、名刺デザインはよく言えば品が良い、悪く言えば質素といった制約つきのものがほとんどです。
ある意味没個性かつ、必要最低限の機能を持つ名刺が多いです。いずれにせよ、開かれた県政、発信していく役所としての公務員は、我々が思っている以上に名刺を使う場面が多いという事です。

 

名刺は重要書類と同じ

名刺と言うものは日本独自のものだと聞いたことがあります。小さい紙に自分の名前などを書いて人に渡す、とても効率がよく良い考えだと思います。外回りの仕事をしていると何かにつけて名刺の交換をすることがあります。自分が持っていなくても渡されたり、挨拶と同時に渡す人がとても多いです。このようにとても手軽に相手に渡すものですが、記入されている内容はとても大事なことが満載です。名刺さえあればその相手を名乗って悪いことも出来てしまうくらいの能力を秘めてます。

また、仕事を辞めるときも交換して集まった名刺は会社に渡すか、処分するのがルールです。扱いはとても慎重に行わないといけないものなのです。それを手軽に会ったばかりの人に次々に渡すものですから、渡すことに慣れてしまった人は、きっと重要書類のような意識は薄れてしまっているのではないかと思われます。

慣れるということは怖いことです。今からでも名刺の重要性を再認識して必要以上に配らないなど意識して相手に渡すようにしてみてはどうでしょうか。

 

名刺の必要性と活用方法

社会人になって、初めて自分の名刺を所持する人も多いのではないでしょうか。名刺は自分の身分証明する為の一つの手段である場合があります。また、企業などに属した時に、名刺を作成して所持する場合は、企業の看板を背負っていると同じぐらいの価値があります。その名刺を見れば、何処の誰なのか一目瞭然です。

したがって、良い印象や、素晴らしい仕事が成功した等、良いイメージの出来事が起こる場合は非常い良いです。しかし、悪い印象が強く出てしまった場合などは、静かに退散する場合もあるので、名刺の配り方には注意が必要です。むやみやたらに名刺を配って、良いこともありますが、悪用される場合もないわけではないので、気を付けましょう。

名刺を所持した時は、社会人として一人前になったような気がして、非常に嬉しいものです。友達や親に配ってみたくなることもあります。名刺はそれを使用するだけで企業でのポジションも分かるようになっている場合もあります。

Comments are closed.