ビジネスで名刺は常識

ビジネスで名刺は常識

2017.01.07
/ / /
Comments Closed

名刺交換の写真ビジネスマンは名刺を持って当たり前、少なくとも日本国内では常識です。
ただしここまで名刺が庶民の隅々まで浸透しているのは日本だけのようで、海外からの来客からはむしろ不思議がられる場面が多いです。
接待の席では必ず名刺交換がされますし、異業種交流会に参加すれば“ご職業はなんですか”という決まり文句のような質問を浴びせられます。

名刺がきっかけでその場が盛り上がる事もしばしばです。
主婦や学生が名刺を持つ場合は特にこの点が強調されている事が多いです。
では出会いがほとんどないネットビジネスなら不要でしょうと思うのですが、意外と名刺を使う場面が多いものです。
SNSのようにある程度個人情報を一部でも公開していると、距離感が縮まりますから親近感を持ってもらえるのは当然ですが、ビジネスとなるとなおのこと信用度や信頼感が重要になります。
ネットの世界は虚偽が多い世界でもありますから、仕事に対しての専門性および責任感を視てもらう意味でも名刺は大変重要な役割を持つのです。

ネットビジネスであっても完璧に出会いがないわけではありません。
より強烈に自社や自身をアピールする意味で、マナーに反しない程度でオリジナリティを持たせる事も重要なのです。
身分を公開する事で、自分自身へ善い意味でのプレッシャーをかける効果も期待できます。

 

ビジネスシーンなどに使われる名刺

ビジネスの場で初めて会う相手と挨拶をかわす時には名刺を交換します。また、美容室や、飲食店など、担当の店員がつくような店でも、店員さんからいただくことが多いです。自分の名前や会社名を認識してもらったり、連絡先交換の意味もあります。ビジネスの場合、取引などで連絡をとることも多いので、役職や携帯電話、メールアドレスは必ず記載します。

一方、お店で働く人が客へ渡す名刺は、お店の地図や、ブログやホームページの情報なども載せてあります。ブログにアクセスしてもらったり、店のホームページを見てもらうことにより、親近感をもってもらいやすく、固定客へとつなげる狙いなどがあります。客としても、担当の人がわかりやすく、予約などにも使え、とっておくと便利です。専用のソフトやホームページのテンプレートを使えば誰でも簡単に作ることができます。

キャラクターものや、変わり種のものまで、さまざまな種類が作ることができます。他のものとは一味違うデザインのものであれば、見ただけで、自分の事を思い出してもらえたりするメリットがあります。ただし、ビジネスの場では、あまりやりすぎだと失礼にあたるので、場に合わせて数種類用意しておくのも良いでしょう。

 

ビジネスでの名刺の重要性

日本のビジネス社会では名刺は必要な物で、ビジネスマンで名刺を持っていない人を探すのは難しい位、重要な扱いとなっています。なぜ、名刺はビジネスの世界では必須のアイテムになっているのでしょうか。それは、ビジネスの現場で新しく人と合う場合に自分の身分を保証する役割を持っているからです。

例えば、あなたが新規に取引をしたいと訪問して来た営業マンに会う時に相手が名刺を出さずに自己紹介した場合、あたはその営業マンが本物かどうか信じますか。たぶん信じないでしょう。この様に、自分が所属する会社や役職を相手に信じて貰うために必要なアイテムなのです。

次に、名刺の有効な使い方についてお話しします。新しく会った人に自分の身分を保証する為だけの目的で名刺を渡したら、名刺はその後、ただの紙くずとなってしまいます。せっかく作った名刺なのですからビジネスチャンスを掴むののにも利用しましょう。初めて会った相手にインパクトを与えれば相手の印象に残り、何かをきっかけに相手が思い出してくれて連絡が入りビジネスチャンスが生まれる可能性が出来ます。名刺交換の時には相手にインパクトを与える、相手と共通な事項について話をしてみて下さい。

Comments are closed.