名刺とはすなわち印籠

名刺とはすなわち印籠

2017.01.02
/ / /
Comments Closed

ここ数年で名刺の需要がのきなみ増えています。
商売をしている人や会社員が名刺を持つ事は、少しでも売り上げやビジネスチャンスを拡大したいと思えば、常識とも言えます。
花柳界でも芸者らが花名刺と言われる、可憐な図柄の名刺を持つ事は当たり前の風景となっています。
しかし主婦が自身のブログをアピールしたり、名前を覚えてもらうために作成したりといった事に始まり、学生らが学生名刺を作成してお互いに交換しあったりするなど、従来のような使い方と少々違う形で使われています。

主婦や学生らにとって、名刺が本当に必要なのかどうかは賛否両論あってどちらとも言えないのですが、ビジネスマンが名刺を持つ場合は使わざるをえない場面にたびたび遭遇するゆえの、いわゆる必要性に迫られての事情があるからです。
その1つは印籠のような意味合いです。
異業種交流会などに参加すれば必ずされる質問があります。
“ご職業はなんですか?”という質問です。
口頭で返事すればいいのでしょうが、名刺をわたした方がしっかり印象つける事ができるのに加えて、仕事への意欲まで推し量られてしまうのです。

名刺があるという事はすなわり専門家であり、信頼に値する仕事ができると相手に印象づけるものでもあります
また名刺を作って自分の身分を紹介する事で、責任感も生まれます。
ビジネスマンにとって名刺はまさに印籠なのです。
さらに公務員の間でも名刺を持つ機会が増えました。
今回は名刺が必要になる場面についてのお話です。

Comments are closed.